読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ



スベスベマンジュウガニでもわかるシンプルに生きる入門

シンプル主義の37ヶ条 嫌なことは引き受けない。 モノを処分したり他人にあげたりすることに罪悪感を抱かない。 洗面所には香水のサンプルのコレクションを置かない。 自分の家が火事になったと想定し、まず何を買うべきかリストを作ってみる。 その場合買わ…

ある日アーカーのミニバッグにクマさんチャーム付けて

使い道なかった郵便局でもらったクマさん♪ Sweet(スウィート)2017年3月号付録、AHKAH(アーカー)チェリーピンクの激カワミニバッグに、郵便局でもらった和柄のクマさん。使い道なかったクマさん。まるこ過ぎる胴体のクマさん、クマさん。 …

mini2017年3月号を参考にプレイ101スティックを購入した

mini(ミニ)2017年3月号。 元は付録目的で購入した雑誌であったのだけれど、本誌に目を通してみると読み応え有り◎であった。後編。 マルチカラー1色で仕上げる マルチカラー1色で仕上げる、という文句にミニマリスト心をくすぐられずにはいられ…

mini2017年3月号を参考におじめがねを購入した

mini(ミニ)2017年3月号。 元は付録目的で購入した雑誌であったのだけれど、本誌に目を通してみると読み応え有り◎であった。前編。 おしゃれサンプル 好き。 ベレー帽。漫画家を彷彿とさせる。憧れ。パッパラー河合様。 そして、眼鏡。可愛い。買…

mini(ミニ)ディッキーズ特製大流行レザー調ちびリュック

ワンス・アポン・ア・タイム。 私はお出かけ用のバッグとして、ポケットのジッパーにシルバーのシュールなカオをしたクマの飾りの付いた「ちびリュック」を背負っていた。 激動の1990年代。 何となくこのフレーズをググってみると懐かしの、古き良き、全…

GLOWナノ・ユニバース軽くて大きなボストンバッグ

トランク、ボストンバッグ、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、トートバッグ、ポシェット、リュックサック、ナップサック、バックパック、巾着袋に信玄袋――時代を超えて女心を惑わすバッグたち。 多くのバッグと出会い別れては、そして再びまた出会う。 バッ…

サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦

来たるべき2度目の成人式に向け、振袖が気になる昨今の私である。 ちなみに、サンプラザ中野くんは125歳まで楽しく生きると仰るものであるからして、還暦を2度、迎える計算である。 それもよい。 『サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦』…

李家幽竹著・李家幽竹のHAPPY風水

私たちが今、こうして生きているということは、そこそこラッキーな人生であったかもしれない。あるときはアンラッキーなこともあったかもしれない。それでも今、辛うじて生きている。 李家幽竹著『李家幽竹のHAPPY風水』 まばゆい可愛い幸福の黄色いラ…

幸福の黄色いプリンセスすぎるポーチ型印鑑ケース

書斎は浪漫である。 四畳半か三畳――狭い方がよい。 そして、壁一面の本棚に囲まれマホガニー・ブラウンの机に向かいヒザにネコ乗せぼんやりと、一日を過ごしてみたい。 現況、屋根の下テントの中、小さなライオン型テーブルに向かい、フクラハギにネコ乗せ、…

CanCamスマホに付ける魔法の自撮りライト

冬の朝、日の出は遅く朝7時を過ぎた頃になる。真っ暗闇の朝5時6時に起床することは本当に辛い。何ならそこから夕方5時6時まで2度寝3度寝と寝続けることさえ可能な私たちである。 しかし早起きにはよいこともある。朝5時の早朝ランは、人目を気にする…

セトロニン増やしてしあわせになろう

私たちが隠しもつ欝な気分は脳内セトロニンが不足している所為かもしれない。 それでは一句。 しあわせに なろうぜセトロ ニン増やし セトロニン セトロニンといえばバナナ。朝日を浴びてバナナを食す。朝バナナダイエットだ。かつてよく耳にしたものである…

ちびとぼくとにゃんこしゃんとわたし

マクラ元――もとい、ネコ元に、私屋カヲル著『ちびとぼく』を配置。 イヌとトラがその両脇を固める。動物、並びにヌイグルミをこよなく愛する輩ゆえのなせる業といえよう。 にゃんこしゃんには後から「せっかく上手にねんねしてんのにガサゴソとアタマの上を…

親愛なる♡ランニングマガジン・クリール様

ランニングマガジン・クリール2017年1月号 ランニングマガジン・クリール2017年1月号、トレーニングダイアリー付き。 爆風スランプのギタリストでありランナーでもあるパッパラー河合様の連載が掲載されているから、私はクリール。 聞くところによ…

どてら

どてらぬくい――。 どてらに憧れしあの日。 私の持つどてらのイメージは、そう『めぞん一刻』の五代さんや『シェイプアップ乱』の宗一郎さんに代表される80’s浪人生だ。 どてらに袖を通す。ちょっぴりノスタルジックな気分――。 一家に一枚どてら。厚く綿が入…

こち亀。100巻と200巻。以上。

手元にある私のこち亀――否、尻元というべきか。100巻と200巻。以上。 こち亀100巻 箔押し、シリアルナンバー入り、こち亀銀行券付属――等、ついニコニコとなる1冊だ。1996年11月6日第1刷発行。私にとって右も左もわからぬインターネットにつ…