読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

朝が来た

 私のアタマの上の屋根の上を飛行機がゴオオオオオオオオオオオオオオオと飛んで、いつまでもオォォォォォォォォォォォォォォォと耳に残る日は風が強い。そして程なくしてまたゴオオオオオオオオオオオオオオオと来てはオォォォォォォォォォォォォォォォと去っていく。

朝が来た

 白い毛布で白いネコと寝ていると夢うつつ、白い毛布と白いネコは同化して見えるため、どっちがどっちか間違えないよう、気をつける必要がある。白い毛布は丁寧に引っ張って被さって温もり、白いネコは慎重に鼻を近づけて嗅ぎ、次にホオを寄せて丁重に触れ、温もりを確かめる。

ついでに

 そのとき、ネコの反応も確かめている。何もなければ、寝ている。欠伸をすれば、待っている。ゴハン、ゴハン。

 ゴハンですか? ……。……もう少し寝ていよう。

【毛布の上で寝るネコ】