Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

PPPP

ロトシックスに挑戦

 宝くじ売り場にて。

 ロトシックスを馬券のように買おうとした奴がいたらしい……。

 私だよ(YwY)

 どうにもこうにも、JRA日本中央競馬会)のマークカードのひとつ『緑のカード』のように、1枠ごとに1点ずつ書いてしまったらしい――。無論、間違いである。

 正解は、やはりJRAののマークカードに例えるけれど「赤のカード」の『ボックス』のときの買い方のように、1つの枠に選んだ番号の全てを書く。番号はロト「シックス」の名の通り「6つ」。

 ちなみに『ロトシックス申し込みカード』は「1枚で最大5通り」の数字の組み合わせを書くことができる。

 いわずもがな、私は「5つの枠に1つずつ」数字を書いていた。書き間違えるわ、数字は足りないわ、踏んだり蹴ったりなのである。

 売り子嬢も暇やないんやで(YwY)

 しかしながら、手取り足取り教えてくださった親切な売り子嬢のお陰で、どうにかこうにか購入を全うした私である。

 大反省である(YwY)

【ロトシックス申し込みカード】

ガチャガチャに挑戦

 さて、200円のロトシックスを1枚だけ千円札で購入した私。受け取った800円のお釣りを握り締め、まっしぐらに向かった場所は宝くじ売り場の隣に設置されたガチャガチャである。

 本番はここからだ。千円札を崩したかった――ただそれだけで、私は買いなれぬロトシックスの購入に踏み切っていたのだ。

 ガチャガチャに使える硬貨は100円玉のみ――それを3枚。お目当ての『ピコ太郎 アイ ハバ ペンスタンド』は300円カプセルであった。

 これは私にとって2度目の挑戦であった。

 前回は、「I have a パイナップル」が当たった。本当は「アップル」が欲しかった、リンゴ・コレクターの私である。

 100円玉を次々々に投入する。慣れた手つきでガチャガチャのレバーを回す。カプセルはガットンと音を立て落ちた。

 神様――願い、私はカプセルを手に取った。見た。

 当たったカプセルは「I have a パイナップル」であった――。

 今日はこれぐらいにしといたるわ(YwY)

 そんな想いを胸に秘め、家路につく私は、パイナップルの好きなあの人のことを想い出していた。生霊でも憑いているのかしら?

 ……よい。

【ピコ太郎 アイ ハバ ペンスタンド】

PPPP

 ペン・パイナップル・パイナップル・ペン♪