読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦

 来たるべき2度目の成人式に向け、振袖が気になる昨今の私である。

 ちなみに、サンプラザ中野くんは125歳まで楽しく生きると仰るものであるからして、還暦を2度、迎える計算である。

 それもよい。

サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦』とは

 サンプラザ中野くん著。

 2005年11月から2013年12月の間、月刊宝島に掲載されたサンプラザ中野くんのコラムを加筆・改定、収録したものだ。

 2014年7月第1刷発行。

【サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦】

 私の手元にある本は2016年10月、発売から約2年経った後、新品で買ったものにかかわらず、初版第1刷であったゆえ、とっても喜んだ。

 しかしながら今になって思えば、売れなかったのかしら……と、ちょっと心配かもしれぬ。

 ついでながら帯無し。ついでながら表紙の桃い部分はただの帯風のデザインってだけである。中古で買う場合、参考にされたし。

サンプラザ中野くんの125歳まで生きる健幸大作戦』を読んで

 第1章にて。

 出し抜けに定価35万7000円の糖尿やガンに効果があるらしいバイオラバーという素材のベストを毎日着用していると仰るサンプラザ中野くん。飛ばしていらっしゃる。

 果たして私たちは巻末収録の中野くんと1日1杯の青汁だけで生きる森美智代嬢の特別対談まで読み進めることが出来るのかしら……。

 否、きっと大丈夫。そう、いつだって私たち、中野くんにはビックリさせられてきたのだもの。

サンプラザ中野くんファン暦ウン十年から百十ウン年へ

 ミュージック・ステーションにて。

 爆風スランプとして出演の際、『さよなら文明』を替え歌でステージからスタジオからセットから飛び出さんばかりに歌い舞うサンプラザ中野(当時)くんの御姿に皆が皆ロックを見ていた――私は痺れた、憧れた。

 ファン暦ウン十年から百十ウン年へ。

 人生は続く。赤いちゃんちゃんこを2度、着るまで――。