読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

屋根の下テントの中ハラの上ダンボールの中

 13日の金曜日

 ガサゴソと台所から不審な音がして、父が見に行ったけれども、異常なし。

 数分後、

 にゃんこしゃん、どっか行った(>_<)

 と、暴れながら階段を下りる私、ふと冷蔵庫の横を通り掛かると、ダンボールの中、ひょこっと顔を覗かせる奴めが――あっ!

 にゃんこしゃん、おった(^-^)

 にゃんこしゃんは、台所の冷蔵庫の横に置いてあった空きダンボールに侵入し、ガサゴソと音を立てベストねんねポジションを確立、父が見に行くまでの十数秒の間に素早く頭を下げ、気づかれぬまま気の赴くまま、丸くなっていたのであろう。

ネコがダンボールに入ったとき、それは絶好のチャンスである

 私はダンボールごとにゃんこしゃんを抱きかかえた。手馴れたものである。

 そして、そのままお持ち上がりし、にゃんこしゃんがいつも寝ている私の布団にダンボールごと置く。が、

 にゃんこしゃん、出てこない(>_<)

 仕方ないから、このにゃんこしゃんがいつも寝てくれない私のハラの上にダンボールごと横にし、置いてみた。

【ダンボールの中のネコ1】

 にゃんこしゃんはゴロゴロとノドを鳴らし丸くなった。

 やがて足を抱えた。

【ダンボールの中のネコ2】

 いいな、シッポだけチャトラなん、いいな、可愛いな(^-^)

ネコと仲良くすると、癒される上、しあわせな気分になれる

 人は皆、十年につき少なくとも1匹――人間五十年、とすれば、少なくとも5匹のにゃんこしゃんと仲良くなれるであろう。

 であるからして、貴女も私も皆、人生とっても、しあわせである。