読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ



ジャージは修学旅行には×だけれど部屋着や運動着には○

ファッション ココロ

 私の通った中学校では修学旅行に行く際、生徒は皆、制服じゃなくって学校指定のジャージを着用することが義務付けられていた。

 普段、体育の時間に私たちが着用していたそれは、水色をしていた。

 私は、アタマを無にして、水色のジャージを着用し、修学旅行に行った。

 大人になった今、ほんの時たまではあるけれど、修学旅行に行ったときのことを思い出す。

 そのとき、私のココロは、無、になる。

 無、にしないと、どうにかなってしまいそうだ。

 それが、私の中学時代の修学旅行の思い出である。

素敵な思い出を作りたい旅行にジャージを着て行くのは(・A・)イクナイ!!

 私が思うところジャージは、お出掛けやちょっとした遠出、小旅行等にはいまいち適さない。特に、素敵な思い出を作りたい旅行にはもっての外だ。

 TPO、という言葉がある。

 時(Time)、所(Place)、場合(Occasion)に応じた服装等の使い分け――略して、TPO。

 学校じゃ教えてくれない。

 教わらずとも中学生にもなれば皆、知っている。知っていても、思ってはいけない。顔に出てはいけない。口に出してもいけない。

 絶対であった。

 私の通った中学校では修学旅行に行く際、生徒は皆、制服じゃなくって学校指定の水色をした芋ジャージを着用することが義務付けられていた。

 大人の事情があったと察する。

戦士の休日や毎日休日の戦士のワンマイルウェアにジャージは(・∀・)イイ!!

 私が思うところジャージは、近所をぐるうりお犬様散歩とか、近所のコンビニに行く用事とか、普通に運動するとき、お家でまったりするとき等にこそ、適していると思う――当たり前かしら。

 特に疲れた戦士にジャージはよい。

 ジャージを部屋着にしていれば、ちょっとそこまで……の用事にも、すぐに対応可能。

 たとえ、だる重くって着替えられなくっても、あらかじめ着ている服がジャージであれば、出掛けられる。

 思い立ったらダイエット、走り出せる。

 思い立ったら体力づくり、走り出せる。

 お犬様がババ、行きたなっても、行ける。

私の新しいジャージ

 その1。芋ジャージ。

 だけど今は逆に可愛いかも? 基本のエンジ色をチョイス。

【エンジの芋ジャージ】

【桃×黒のジャージ】

 その2。桃×黒ジャージ。

 桃地に白いハートの水玉。ちょっぴりパッパラー?

走り出そう、真新しいジャージに着替えて

 走り出そう、未来へ向かって。

 まだ若い、私たちは。新しい未来へと――。