Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

「白地のにゃんこしゃん」が「白地のにゃんこしゃん」じゃなかった件

 私は、私の白い猫体(にゃたい)に茶色のぼんてんしゃんのネコを例えるとき、「白地のにゃんこしゃん」、または「白地のアニキ」と言っていた。けれども、それは間違いであった。

 本当は、茶色い猫体にホワイトスポット(パイボールド)のにゃんこしゃんなのである。

 そしてアニキは、猫体におけるホワイトの割合が60%以上の「ハイグレード」であり、「ハーレクイン」という愛称の柄に相当する。

 ローグレード(40%未満)・バイカラー(40%以上60%未満)・ハイグレード(60%以上)のうちの「ハイグレード」に、「ハーレクイン=道化師」なのである。

【ハーレクインのアニキ】

 可愛いd(=^・ω・^=)b ニャッ!

【バレンタイン・チョコ】