読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ



猫とブランケットとグワシ

 一仕事終えて――。

 ぐったり。コシが痛い。

 隣で人間バタバタしてもうて御免な。

 私はそんなお詫びも兼ねて、隣でスヤスヤと眠っている猫にブランケットをそっと掛けたのであった。

ブランケット

 丸めると犬の顔面にトランスフォームするギミックの付いた白いブランケット。冬場はブランケットモードのまま開きっ放しのため、犬モード姿は久しく見ていない。

 随分と毛玉の付いた白いブランケットだ。

猫2匹

 私の青い布団の上、鼠色のクッションをシェアしながら仲良く眠っている猫、2匹。

 1匹目は三毛猫。白・茶・黒の典型的三毛猫。

【2匹寝】

 そして2匹目は、白茶猫。

白茶(茶白)猫

 白茶(茶白)猫とは、茶を基に、白のブチが入った猫のことをいう。

 又、ブチがむっちゃでっかい猫を「ハイグレード」といい、かっこよし。

 又、ブチが飛び飛びにある模様を「ハーレクイン」ともいい、かわゆし。

三毛猫と白茶猫

 そんな2匹が仲良く1個のクッションをシェアしながら寝るもので、可愛くって、私は1枚のブランケットを2匹に対して満遍なく掛けてあげたのであった。

パチリ

 私が写真を1枚、撮ったその直後である。

 グワシ。

【グワシ】

 三毛の御手が、白茶の延髄にヒットした!