Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

私は、ザリガニにも、元気で、自由に、生きて欲しい、と、そう願う。

 今は昔、私の通っていた幼稚園では、ザリガニが飼われていた。

 おそらく、園児よりもたくさんいたであろう物凄い数のザリガニたちが、数の割には小さな水槽で、砂や岩も仕切りもなく、単に水を張っただけの浅い水槽で、飼われていた。

今思えば、誰や! 持ってきた奴、である。

 釣り過ぎ、さぞおうちで持て余したのであろう。

 それを、さぞドヤって幼稚園に持ってきたのであろう。

 シンプルにアホである(>_<)

そして、夏休み等の長期休暇の際、

 人のいなくなった幼稚園に取り残されたザリガニたちは、エサを貰うこともなく、世話して貰うこともなく、徐々に干からびていくのをただ待つ――それが運命って奴なのか。

 ……違った。

ひとり1,2匹、おうちに持って帰らなアカンことになった(>_<)

 ザリガニは喧嘩する。

 ひしめきあって飼われていたザリガニである。

 でっかいザリガニもちっちゃいザリガニも、右手がなかったり左手がなかったり、みんなみんな、傷ついていた。

私が持って帰ったでっかいザリガニも片手がなかった。

 でも、その後、産卵してん。

 むっちゃいっぱい、産んでん。

 ちっちゃい金魚鉢、ふたつ分あった!

 ……けど、育たなかったてん(YwY)

そんな、昔のことを思い出していたよ。

 今朝、いつものランニングコースの、脇の水路に、ザリガニがいたの見たもので……。そして、その水路の脇には、幼稚園が、あるもので……。

【ザリガニ】

 よ、ザリガニしゃん。

 元気で、自由に、生きるんやで!

 (^-^)/~~