Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

パッパラー河合様ご出演の『ナナイロ・ザ・ミュージック!』を聴いて

 パッパラー河合様がゲストで『ナナイロ・ザ・ミュージック!』というFMの番組にご出演されていて、「この曲知ってる?」って、即興で披露してくれたあの格好いいギターリフ。

 正解は、『Brighton Rock』(ブライトン・ロック)であったか。

 はたまた、『Now I'm Here』(誘惑のロックン・ロール)であったか。

 今日のこと、つい先程のことなのに、私にとってはもう夢の彼方か。思い出せない。それこそ河合様、ならぬ女王様がFMご出演なんで夢のようでもある。

【ナナイロ・ザ・ミュージック】

 そして実際は、つい0時過ぎまで寝ていた私の見た夢はフレディ・マーキュリーの唇の夢であった。

 覚めなきゃ。否、覚めずとも。

『ナナイロ・ザ・ミュージック!』

 さてこの『ナナイロ・ザ・ミュージック!』は、NHK-FMの音楽番組。

 8月17日(16日深夜)の特集は、QUEENWe Are the Champions』(伝説のチャンピオン)ということで、かつて「女王様」の名義でこの曲を和訳カバーされたパッパラー河合様が今回、ゲストとして招かれた。

 女王様のことを河合様だと知ってか知らずか定かではないものの、不肖私も、かつてアルバム『俺は女王様』を購入し、現在も尚、所有している。

【俺は女王様と猫1/2】

『俺は女王様』

 このアルバムに収録の『女王様物語』という曲が、QUEENの名曲の数々を直訳、和訳した話題の曲である。

 


女王様物語 Queen直訳メドレー

 

 曲は、『Bohemian Rhapsody~Bicycle Race~Killer QueenFlashWe Will Rock You~Another One Bites the Dust~Crazy Little Thing Called Love~We Are the Champions~God Save the Queen』のメドレーになっている。

 ちなみに邦題(?)は、『さまよえる魂のための狂詩曲〜自転車競争〜殺し屋女王〜ひらめき〜いつかおまえを揺さぶる〜もう一人死ぬ〜愛と呼ばれるいわゆる一つのちんちくり­んな事〜我ら横綱ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン』となっている。

 

(FM『ナナイロ~』で流れたのは、『We Are the Champions(我ら横綱)~God Save the Queenゴッド・セイヴ・ザ・クイーン)』の部分)

 

 私は、QUEENは好きだけれど女王様のこの曲は、iPhoneには入れてあるけれどあんまり聴いていない。

 あんまり聴いていない訳はと言えば、ボーカルがしんどいからである。

 ただ、番組内で、女王様が「原曲キーのまま歌っている」と仰っていたので、腑に落ちたというか、「原曲の雰囲気を大事にするためにキーは変えない」のだそうで、感動したというか。

 そしてもうひとつ仰っていたラスト『ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(God Save the Queen)』に繋げて曲を終える『我ら横綱We Are the Champions)』を「ライブ・バージョンですね」と。愛がある。

 聴こう。女王様。

【俺は女王様と猫2/2】

ギターリフ

 それはそうと、私は女王様こと河合様がギターを担当する爆風スランプのアルバム『怪物くん』を通しでiPhoneで聴いていて、思わず、1曲目から聴いていたはずなのに、誤ってヘンなトコ押してしまったのか、他のアーティストの曲に飛んでしまったと思い、画面を二度見したことがある。

 何のこっちゃない。画面に表示された曲名は、同アルバムの7曲目である『ご隠居 -What's happen to The Goinkyo?-』で、合っていた。

 ただ、イントロのギターリフがブライアン・メイ過ぎるため、惑わされただけである。

 

 耳ェ……。

最後に

 素敵であったので、記しておきたい。

『ナナイロ・ザ・ミュージック!』司会のミッツ・マングローブ氏。

 改めて、『We Are the Champions』を最初から聴いてみたのは初めてかもしれないのだとか。当時、子供の頃は、ロンドン在住であったのにかかわらず、QUEENは聴いてこなかったのだとか。

 何故なら、

「フレディがキラキラし過ぎていて」。