Uliuli

ロック,ファッション,ビューティ,ライフスタイル,ダイエット,アメときどきネコ

知らんわとしか出ない話

 電話をかけ終えた私に、声が小さくて聞こえていないのではないかと言ったあの人は何者なのであろうか。名前も知らないような、どこの部署の者かも分からないようなあの人は、何をもっていきなり背後から自信満々に私に説教をたれたのであろうか。何れにせよたれるのであればまず自分の立場を明確にせえよ、と。私、どこの誰々と申しますが、あなた、何々ですよって言えよ。知らんわ。

 少人数の部署にいる人は大人数の部署にいる人にも知られがちだけれど、大人数の部署にいる人は少人数の部署にいる人に本人の想像しているほど知られていない。本人の想像しているほど親しくはないというところかもしれないね。普段、あいさつもしないような、しているかもしれないけれどあいさつしかしないような、そんな間柄にもかかわらずダメ出ししてくるのである。一体、どの立場から、何を言ってくれてけつかるのかね。

 もう本当、知らんわ、としか。

【フミフミ】

【フミフミ】

 フ~ミフミ。